株式投資:個別銘柄の最近のブログ記事

エプコ3Q

|

平成26年12月期第3四半期決算短信[日本基準](連結)

修正後の通期予想に対する売上げの進捗は75%、純利益81%で、ほぼ想定線ですかね。
なにげにカスタマーサポート事業が効いてる。
会社目標である営業利益成長率+30%、営業利益利益率30%を達成できそうな唯一の事業だ。

カスタマーサポート事業は2期ぐらい先行投資、先行投資と辛酸を嘗めた気がするが、ようやく花開いたか。このタイミングでのカスタマーサポート事業紹介記事は最近スマートエネルギーの影に隠れているが、実は多大な貢献してる(スマートエネルギーの損失をカバーできる利益を計上してる)んだからこちらも注目してよね!と心の叫びな気がする。
是非社内で表彰でも行って欲しいと思います。

ただ、この好調さが今後も続くかはあまり確信は持てない。
戸建て引き渡し後に受電となる訳なので、駆け込み需要のピークが遅行してきたとも考えられるのでね。

ちなみに個人的にはカスタマーサポートは所謂アウトソーシング事業なので、プラットフォームカンパニーに属するのはやや違和感を感じている。
コーポレート部門の一部をシェアードサービスカンパニーとして、そこに入れるのが自然なのかなという気もしている。

決算説明資料は今日アップされるのかな。

今までHEMS関連銘柄と言って銘柄を伏せてましたが、twitterで普通に銘柄出してしまっているので言いますと、エプコ(2311)のことです。

家庭用太陽光発電アグリゲーション事業に関する合弁会社設立について

今まで蓄電池レンタル関連での設計受託に期待をしていましたが、その期待がzillionaireの中でやや剥げ落ちて来たところで、一気に別次元に行ってしまいました。
さて、別次元に行ってしまったことで株価はどこまで正当化されるのでしょうか?
同じく別次元に存在するエナリスは時価総額は900億円弱。
それに対しエプコは2日連続ストップ高を経てもなお100億円ほど。
もし時価総額でエナリスに肩を並べるとするなら株価20,000円も視野?

ちょっと妄想が過ぎましたね。。。
おそらく2月下旬の決算説明資料で新規事業の補足説明が出ると思われるので、その時に新規事業の行方を占ってみたいと思います。
もし今後めちゃめちゃ稼ぐ様になっても配当性向50%の方針を維持してくれるのなら、買値に対する配当利回りが相当高いお宝株になるかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち株式投資:個別銘柄カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは株式投資:信用取引です。

次のカテゴリは考察です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Sponsored by

Profile

zillionaire
会社員(サラリーマン)
学生時代の2000年2月に株を始めました。
自分がファンドを運営していると見なしてホームページを運営中。 このブログはファンドの運営者ページという位置づけです。