2013年を振り返る

|

今年はなんと言ってもアベノミクスからの東京五輪決定が株価上昇の起爆剤となったでしょうか?
ただ、アベノミクスと言っても第一の矢の大規模な金融緩和が投資マインドに変化を及ぼしたことが大きく、第二の矢の機動的な財政政策や第三の矢の成長戦略は株価に対しては中立、あるいはマイナスに作用したのではと考えています。消費税増税は財政再建のために必要なのは言うまでもありませんが、そもそも当初決めた通りのタイミングで景気腰折れのリスク、それに伴い税収が逆に増税前より下がるリスクがないのか?リスク対策としてバラマキも行うようだが、バラマキが期限付き政策だった場合、その政策効果が切れる崖をどう考えているのか?そもそも増税した分バラマキに使うなら増税する意義は?と何か目的を忘れ去られている気がする。
そして成長戦略は市場の失望を買い、失速したところに東京五輪決定という神風が吹いたといったところでしょう。
前にも言った気がしますが、日銀の黒田総裁にデフレ克服のため、「戦力の逐次投入はしない」とまで言わせたくせに、安倍さんの成長戦略の小出しっぷりはあまりにも情けないです。
2014年は明確なビジョンを持った、第二の矢、第三の矢が放たれることを期待します。

そんな中、zillionaireはアベノミクス相場にはまったく乗れず。。。
J-REITは2012年末にしこたま持っていましたが、2013年の1月末に売っぱらってしまう。
そしてその資金をHEMS関連銘柄に集中投資しましたが、これが日経平均をアンダーパフォーム。
アンダーパフォームとは言っても1千万円近い含み益は乗っていたので、軽減税率終了を控え自己流では無いオフィシャルなクロス取引を実施し、含み益を吐き出しました。


結果、昨年末比で+34.5%の成績となりました。(確定利益にかかる税金を控除後)
パーセンテージとしては過去最高には遠く及びませんが、金額ベースでは過去最高です。

アセットアロケーション

今年も1年ありがとうございました。
良いお年を。

このブログ記事について

このページは、zillionaireが2013年12月31日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IPO評価の見方」です。

次のブログ記事は「HEMS関連銘柄が電力自由化関連銘柄に化けた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Sponsored by

Profile

zillionaire
会社員(サラリーマン)
学生時代の2000年2月に株を始めました。
自分がファンドを運営していると見なしてホームページを運営中。 このブログはファンドの運営者ページという位置づけです。